国際保健学分野
国際保健学分野








 Google検索

WWW検索     
研究所内検索

      長崎大学
      熱帯医学研究所
      国際保健学分野

      〒852-8523
      長崎市坂本1-12-4
      TEL(095)819-7869


メンバー


山本 太郎                                      Counter


Taro Yamamoto, MD, PhD.


フォトライブラリーページ

キーワード:国際保健、感染症疫学、進化、環境医学、生態学

















研究テーマ

  1. 国際保健・政策提言
    保健医療分野における国際協力のあり方をG8プロセスあるいは東京アフリカ開発会議プロセス等を通じて提言、発信する。また、新型インフルエンザ発生時の、国際対応、国際協力、邦人保護等の政策に対する助言を行う。
  2. ウイルスの適応と進化
    ウイルスとヒトの適応といった視点から、HTLV-1の日本での流行の起源等に関する研究を分子疫学的手法を用いて行う。また、古代人からのDNAの解析を通して行う。
  3. G型肝炎ウイルスとヒトレトロウイルス二重感染
    ウイルス相互の相互作用の視点から、二重感染の影響を評価する研究を行う。その一環として、G型肝炎ウイルスとヒトレトロウイルス二重感染の影響を研究する。
  4. 医学史研究
    日本の熱帯医学史を明治以降の歴史のなかで捉え、記述する。特に、同仁会の活動等に焦点をあて、日本の熱帯医学がどのように発展してきたか展望する。
  5. 環境医学

略歴

1990年
1990-91年
1995年
1998年

1998-2000年
1999-2000年
2000-2004年
2002-2003年
2003-2004年

2004年
2004-2007年
2007年-
2012年-
2015年-

長崎大学医学部卒業
市立札幌病院救急部勤務
長崎大学大学院博士課程病理学系専攻修了(博士医学)
東京大学大学院医学系研究科博士課程国際保健学専攻修了(博士国際保健学)

長崎大学熱帯医学研究所・助手
JICAジンバブエ国感染症対策プロジェクト・チーフ・アドバイザー
京都大学大学院医学研究科社会健康専攻国際保健学分野・助教授
ハーバード大学公衆衛生大学院・特別研究員(武見フェロー)
コーネル大学医学部・客員助教授,
ハイチ・カポジ肉腫・日和見感染症研究所・上級研究員
長崎大学熱帯医学研究所・助教授
外務省国際協力局勤務・課長補佐
長崎大学熱帯医学研究所・国際保健学分野・主任・教授
大連医科大学客員教授
福建医科大学客員教授


英文略歴



非常勤講師

2012年 4月―

大阪市立大学医学部医学科

2013年―

島根大学医学部

2014年 4月―

新潟大学医学部医学科

2014年12月―

放送大学(講義名:「西洋医学史と絵画、音楽、山」

                 

著書

・単著

1. 『抗生物質と人間――マイクロバイオームの危機』(岩波新書):2017.9.21.

2. 『高所医学ガイドブック(TRAVEL AT HIGH ALTITUDE)』共同翻訳』:2015.In Press.

3. 『失われてゆく、我々の内なる細菌』マーティン・J・ブレイザー著 山本太郎訳』:重版

4. 『失われてゆく、我々の内なる細菌』マーティン・J・ブレイザー著 山本太郎訳』:7-1.2015.

5. 『エイズの起源(みすず書房)』ジャック・ぺパン著 山本太郎訳』:7-6. 2013.

<http://www.amazon.co.jp/dp/4622077787>

6. みすずにて『ポール・ファーマーとジム・ヨン・キム―PのためのO』執筆(みすず書房):6-12. 2012.

7. 『権力の病理-誰が行使し誰が苦しむのか』解説(みすず書房)2012.

8. 『感染症と文明-共生への道』(岩波書店)2011.

9. 『ハイチ いのちとの闘い』 (昭和堂) 2008.

10. 『新型インフルエンザ 世界がふるえる日』 (岩波新書):188頁. 2006.

11. 『感染症疫学―感染性の計測・数学モデル・流行の構造』 (昭和堂) 2006.

12. 『エイズ-ウイルスの起源と進化-』 (学会出版センター):A5版 454頁. 2001.

    ISBN 4-7622-2963-6

13. 『 国際保健学講義 』 (学会出版センター):A5版 126頁. 1999. ISBN 4-7622-2919-9

14. 『ポスト2015-現代的課題.肥満を例に』 (日本医師会特別号):49-53頁.2014年6月.


・分担執筆

1. 分担執筆『予防医学・公衆衛生学 4部環境と健康「第1章感染症の疫学と予防 総論」』
    180~184.2012

2. 分担執筆『大震災のなかで 私たちは何をすべきか』(岩波書店)54-61. 2011.

3. 分担執筆『主な検疫・輸入感染症』(文光堂):491-497. 2011.



▼ 新 着 情 報 ▼

2017/9/21
岩波新書抗生物質と人間――マイクロバイオームの危機を執筆
     

2017/9/19
論文アクセプト
小堀栄子,前田祐子、山本太郎.日本在住外国人の死亡率:示唆されたヘルシー・マイグラント効果.日本公衆衛生雑誌2017.

     

2017/2/10
山本太郎が訳した「失われてゆく、我々の内なる細菌」の著者マーティン・J・ブレイザー先生が「リーディングプログラム国際シンポジウム」(2017年2月10日 於良順会館)のため来日。「Antimicrobial resistance of bacteria in animals and humans」について講演。講演会の後の食事会の様子サイン
     

2017/1/23
帝国書院出版『世界史のしおり』「歴史に学ぶ現代の諸問題-人類が直面する新たな感染症の脅威-」を執筆
     

2017/1/19
外務省主催The Roundtable Seminar on "Climate Change and Fragility Implications on International Security"​において「Climate Change and Infectious Diseases」について講演。
     

2017/1/13~1/15
八ヶ岳で開催された山岳医検定講習会に参加。写真
     

2017/1/3~1/6
アメリカ合衆国アトランタで開催されたUSCDC研修 にJICAより協力派遣。写真1写真2写真3
     


主要業績

 (英語論文)

2016


Junji Seto, Takayuki Wada, Yu Suzuki, Tatsuya Ikeda, Katsumi Mizuta, Taro Yamamoto, Tadayuki Ahiko. Mycobacterium tuberculosis Transmission among Elderly Persons, Yamagata Prefecture, Japan, 2009–2015. Emerg Infect Dis. 2017. In Press. (IF=6.99)
Shuko Takahashi, Yuki Yonekura, Ryohei Sasaki, Yukari Yokoyama, Kozo Tanno, Kiyomi Sakata, Akira Ogawa, Seichiro Kobayashi, andTaro Yamamoto. Weight gain in survivors living in temporary housing in the tsunami-stricken area during the recovery phase following the Great East Japan Earthquake and Tsunami.PLoS ONE (in press)2016.
Masayuki Nakano,Kinnosuke Yahiro, Eiki Yamazaki, Hisao Kurazono, Junko Akada, Yoshio Yamaoka, Takuro Niidome,Masanori Hatakeyama,Hidekazu Suzuki,Taro Yamamoto,Joel Moss,Hajime Isomoto,and Toshiya Hirayama. Helicobacter pylori VacA acting through receptor protein tyrosine phosphatase a is critical for CagA phosphorylation in AZ-521 cells. Disease Models & Mechanisms(inpress), 2016.
Katsura Igai, Manabu Itakura, Suguru Nishijima, Hirohito Tsurumaru, Wataru Suda, Takumi Tsutaya, Eriko Tomitsuka, Kiyoshi Tadokoro, Jun Baba, Shingo Odani, Kazumi Natsuhara, Ayako Morita, Minoru Yoneda, Andrew Greenhill, Paul Horwood, Jun-ichi Inoue, Moriya Ohkuma, Yuichi Hongoh,Taro Yamamoto, Peter Siba, Masahira Hattori, Kiwamu Minamisawa, and Masahiro Umezaki.. "Nitrogen fixation and *nifH* diversity in human gut microbiota".Scientific Reports.2016 Aug 24;6:31942. doi: 10.1038/srep31942.

2015

Seiji HASHIMOTO, Tomoki EHARA, Kento TAMURA and Taro YAMAMOTO.How Can We Solve the Problems of Hunger and Obesity Simultaneously? An Alternative Indicator for Sustainable Development. Global Environmental Research 19/ 2, 165-172 2015/12.
Eri YAMAZAKI, Masahiko IGUCHI, Taeko OKITSU,Yuto KITAMURA, Masahisa SATO and Taro YAMAMOTO.Literacies as a Strategic Means of Implementation for Sustainable Development Goals:Lessons from Health and Water Literacies.Global Environmental Research 19/ 2, 173-180 2015/12.
Takayuki Wada, Fumito Maruyama, Tomotada Iwamoto, Shinji Maeda, Taro Yamamoto, Ichiro Nakagawa, Saburo Yamamoto, Naoya Ohara. Deep sequencing analysis of the heterogeneity of seed and commercial lots of the bacillus Calmette-Guérin (BCG) tuberculosis vaccine substrain Tokyo-172. Sci Rep. 5:17827. 2015. doi:10.1038/srep17827.
Taro Yamamoto.Participation in Relief Activities in the Aftermath of the Great Nepal Earhquake and Disaster Reconstruction Assistance.JMAJ58(3):1-3, 2015. (In Press)
Erika Ban, Yuka Yoshida, Mitsuko Wakushima, Takeaki Wajima, Takashi Hamabata, Naoki Ichikawa, Hiroyuki Abe, Yasuhiko Horiguchi, Yukiko Hara-Kudo, Eriko Kage-Nakadai, Taro Yamamoto, Takayuki Wada, and Yoshikazu Nishikawa.Characterization of unstable pEntYN10 from enterotoxigenic Escherichia coli(ETEC) O169:H41.Virulence. 2015. (In Press)

Junji Seto,Takayuki Wada,Tomotada Iwamoto,Aki Tamaru,Shinji Maeda,Kaori,Yamamoto,Atsushi Hase,Koichi Murakami,Eriko Maeda,Akira Oishi,Yuji Migita,Taro Yamamoto,Tadayuki Ahiko.Phylogenetic assignment of Mycobacterium tuberculosis Beijing clinical isolates in Japan by maximum a posteriori estimation.Infection,Genetics and Evolution.2015.doi:10.1016/j.meegid.2015.07.029.


Collins John,Tomo Ichikawa,Halima Abdu,Isaac Ocheke,Udochukwu Diala Virginia Modise-Letsatsi,Takayuki Wada,Seline Okolo,Taro Yamamoto. "Maternal Overweight/Obesity Characteristics and Child Anthropometric Status in Jos, Nigeria". Nigerian Medical Journal.2015 Jul-Aug;56(4):236-9. doi: 10.4103/0300-1652.165031.
Takayuki Wada, Tomotada Iwamoto, Aki Tamaru, Junji Seto, Tadayuki, Ahiko, Kaori Yamamoto, Atushi Hase, Shinji Maeda, and Taro Yamamoto. Clonality and micro-diversity of a nationwide spreading genotype of Mycobacterium tuberculosis in Japan. PLoS ONE. 2015 Mar 3;10(3):e0118495.DOI:10.1371/journal.pone.0118495.

2014

Taro Yamamoto. Post-2015 Contemporary Issues-The example of obesity-. JMAJ. Vol.57, No.1, Jan.-Feb. 2014.
Etsuko Hatagishi, Michiko Okamoto, Suguru Ohmiya, Hisakazu Yano, Toru Hori, Wakana Saito, Hiroshi Miki, Yasushi Suzuki, Reiko Saito, Taro Yamamoto, Makoto Shoji, Yoshihisa Morisaki, Soichiro Sakata, and Hidekazu Nishimura. Establishment and Clinical Applications of a Portable System for Capturing Influenza Viruses Released through Coughing. Plos One. 2014 Aug1;9(8):e103560.doi:10.1371/journal.pone.0103560.
Mizumoto Kenji, Ejima Keisuke, Yamamoto Taro, Nishiura Hiroshi. On the risk of severe dengue during secondary infection: A systematic review coupled with mathematical modeling. Journal of Vector Borne Diseases. 2014 Jul-Sep;51(3):153-64
Jianping ZHANG, Zhuo ZHANG, Taro Yamamoto and Gouxi CAI. Social Support and Depression Among People Living with Yunnan Province, China. Journal: Information, An International Interdisciplinary Journal.Vol17, No.4, April, 2014
Norichika Kanie, Naoya Abe, Masahiko Iguchi , Jue Yang, Ngeta Kabiri, Yuto Kitamura, Shunsuke Managi, Ikuho Miyazawa, Simon Olsen, Tomohiro Tasaki, Taro Yamamoto, Tetsuro Yoshida and Yuka Hayakawa. Integration and Diffusion in Sustainable Development Goals: Learning from the Past, Looking into the Future. Journal: Sustainability 2014, 6(4), 1761-1775; doi:10.3390/su6041761
Hai Vul, Junko Okumura, Masahiro Hashizume, Duong Nhu Tran and Taro Yamamoto. Regional Differences in the Growing Incidence of Dengue Fever in Vietnam Explained by Weather Variability. Journal:Tropical Medicine and Health Vol.42(2014) No.1 p.25-33

Shoichi Masumoto, Taro Yamamoto, Akihiro Ohkado, Shoji Yoshimatsu, Aurora G. Querri, Yasuhiko Kamiyama. Prevalence and associated factors of depressive state among pulmonary tuberculosis patients in Manila, the Philippines. The International Journal of Tuberculosis and Lung Disease. 2014 Feb; 18(2):174-9. doi:10.5588/ijtld.13.0335.


2013

Shoichi Masumoto, M.D., MPH, Taro Yamamoto, M.D., PhD, Akihiro Ohkado, M.D., PhD, Shoji Yoshimatsu, M.D.,PhD, Aurora Querri, RN, Yasuhiko Kamiya, M.D., PhD. Factors associated with health-related quality of life among pulmonary tuberculosis patients in Manila, the Philippines. Qualty of Life Reseach, vol.2013:1-11, November 2013.


Ju Zhang, Huilin Duan, Hua Chen, Zhuo Zhang, Taro Yamamoto and Guoxi Cai. Environmental Changes of Lake Erhai, Dail,Yunnan and Related Livelihood Choices Among Bai Nationality Fising Families. INFORMATION, Vol.16, No.7(A), July 2013.


Pincang Xia, Junko Okumura, Pingping Yan, Meirong Xie, Shouji Wu, Meizhu Zhuang, Jian Zheng, Chunyang Zhang, Masaya Kato, Guoxi Cai, Taro Yamamoto. Steps towards preventive HIV treatment in Fujian, China:Problems identified via an assessment of initial antiretroviral threrapy provision. PLos One. vol.8, No.9: pp76483, Sept 2013.


Yoshitaka Tateishi, Aki Tamaru, Yoshitoshi Ogura, Mamiko Niki, Takayuki Wada, Taro Yamamoto, Kazuto Hirata, Tetsuya Hayashi, and Sohkichi Matsumoto. "Whole-genome Sequence of the Potentially Hyper-transmissible Multi-DrugResistant Mycobacterium tuberculosis Beijing Strain, OM-V02_005".Genome Announcement, vol.1, No.4: 608-613, July 2013.


Taro Yamamoto. Pandemic Control Measures. JAMA. 56(1): 51-54, 2013.


Kenji Mizumoto,Yamamoto Taro, Hiroshi Nishiura.Contact behaviour of children and parental employment behaviour during school closures against the pandemic influenza A (H1N1-2009) in Japan. The Journal of International Medical Research.2013 Jun; 41(3): 716-24. doi:10.1177/0300060513478061. 2013(IF=0.9)


Kenji Mizumoto, Keisuke Ejima,Taro Yamamoto, Hiroshi Nishiura. Vaccination and clinical severity: Is the effectiveness of contact tracing and case isolation hampered by vaccination? IJERPH. 2013,10(30): 816-829.


Kenji Mizumoto, Hiroshi Nishiura,Taro Yamamoto. Effectiveness of antiviral prophylaxis coupled with contact tracing in reducing the transmission the influenza A(H1N1-2009): A systematic review. Theoretical Biology and Medical Modeling. 2013, 10(4). doi:10.1186/1742-4682-10-4.


Kenji Mizumoto,Taro Yamamoto, Hiroshi Nishiura. Age-dependent estimates of the epidemiological impact of pandemic influenza (H1N1-2009), Japan. Computional and Mathematicl Methode in Medicine. 2013: pp637064 (IF=0.684)


Osada-Oka Mayuko, Tateishi Yoshitaka, Hirayama Yukio, Ozeki Yuriko, Niki Mamiko, Kitada Seigo, Maekura Ryoji, Tsujimura Kunio, Koide Yukio, Ohara Naoya,Yamamoto Taro, Kobayashi Kazuo, Matsumoto Sohkich. Antigen 85A and Mycobacterial DNA-binding protein 1 are targets of immunoglobulin G in individuals with past tuberculosis. Microbiology and Immunology. 2013 Jan; 57(1): 30-37 doi:10.1111/j.1348-0421.2012.12005.x(IF=1.304).


Haque, Md Ubydul, Bomblies Arne, Hashizume Masahiro, Mitra Dipak, Noman Nowajesh, Haque Waziul, Kabir Moktadir,Yamamoto Taro. Risk factors associated with clinical malaria episodes in Bangladeshi: a longitudinal study. American Jounal of Tropical Medicine & Hygiene.2013 Apr; 88(4): 727-32. doi:10.4269/ajtmh.12-0456.
(IF=2.592)


2012

Edward S.Maswanya,Kazuhiko Moji,Taro Yamamoto,Kiyoshi Aoyagi,Yuichiro Yahata and Tai-ichiro Takemoto.Sexual Behavior And Condom Use Among Male Students In Dar-Es-Salaam,Tanzania With Emphasis On Contact With Barmaids. East African Joural of Public Health.volume9 Number1,March 2012,39-43


Manirul Islam, Masahiro Hashizume,Taro Yamamoto, Faruq Alam, Golam rabbani. A qualitative exploration of drug abuse relapse following treatment. Journal of Ethnographic & Qualitative Research. 7(1):36-51. Fall 2012.


Mika Oki,Taro Yamamoto. Climate Change, Population Immunity, and Hyperendemicity in the Transmission Threshold of Dengue. PLoS One. 2012;7(10):e48258. doi:10.1371/journal.pone.0048258.(IF=4.092)


Masashi Otani, Katsuyuki Eguchi, Tatsuki Ichikawa, Kohei Takenaka Takano, Toshiki Watanabe, Kazunari Yamaguchi, Kazuhiko Nakao, and Taro Yamamoto. Phylogeography of Human T-lymphotropic Virus Type 1 (HTLV-1) Lineages Endemic to Japan. Tropical Medicine and Health. 2012 Dec;40(4):117-24. doi:10.2149/tmh.2012-15.


Masashi Otai, Noritaka Honda, Pin Cang Xia, Katsuyuki Eguchi, Tatsuki Ichikawa, Toshiki Watanabe, Kazunari Yamaguchi, Kazuhiko Nakao, Taro Yamamoto. Distribution of Two Subgroups of Human T-Lymphotropic Virus Type 1 (HTLV-1) in Endemic Japan. Tropical Medicine and Health.2012 Jun;40(2):55-8. doi:10.2149/tmh.2012-02.


Masahiro Hashizume, Ashraf M Dewan, Toshihiko Sunahara, Ziaur Rahmanand, Taro Yamamoto.Hydroclimatological variability and dengue transmission in Dhaka, Bangladesh: a time-series study. BMC Infectious Diseases.2012, 12:98 doi:10.1186/1471-2334-12-98(IF= 3.118)


Jun Tayama, Tatsuki Ichikawa, Katsuyuki Eguchi, Taro Yamamoto, Susumu Shirabe. Tsunami damage and its impact on mental health. Psychosomatics. 2012 Mar-Apr; 53(2):196-7. dOI:10.1016/j.psym.2011.11.005.(IF= 2.123).


Ubydul Haque, Lauren M Scott, Masahiro Hashizume, Emily Fisher, Rashidul Haque, Taro Yamamoto and Gregory E Glass. Modeling malaria treatment practices in Bangladesh using spatial statistics. Malaria Journal. 2012;11:63 doi:10.1186/1475-2875-11-63. (IF=3.191)


Haque U, Hashizume M, Kolivras KN, Overgaard HJ, Das B, Yamamoto T. Reduced death rates from cyclones in Bangladesh - What more needs to be done?
Bull World Health Organ. 2012;90:150-156. doi: 10.2471/BLT.11.088302(IF=5.459)


Liang Qin, Zhaoyan Zhou, Bijie Hu, Taro Yamamoto, Hiroshi Watanabe. Antimicrobial susceptibilities and genetic characteristics of Haemophilus influenza isolated from community acquired respiratory tract infection patients in Shanghai City, China. Journal of Infection and Chemotherapy.2012 Aug;18(4):508-14. (IF=0.16)


2011

Taro Yamamoto.On-site Reports from the Area Affected by the Great Eastern Japan Earthquake and Tsunami.JMAJ. 54:6. 413-416. 2011.[Full Text]


Kounnavong S, Sunahara T, Mascie-Taylor NCG, Hashizume M, Okumura J, Moji K, Boupha B, Yamamoto T. Effect of daily versus weekly home fortification with multiple micronutrient powder on haemoglobin concentration of young children in a rural area, Lao People's Democratic Republic: a randomised trial. Nutrition Journal. 2011:10:129 doi:10.1186/1475-2891-10-129(IF=2.56)


Kounnavong S, Sunahara T, Hashizume M, Okumura J, Moji K, Boupha B, Yamamoto T. Anemia and its Related Factors in Preschool-Aged Children in the Southern Rural Lao People’s Democratic Republic. Trop Med & Health. 2011 Dec ;39(4):95-103.
doi:10.2149/tmh.2011-13.


Oki M, Sunahara T, Hashizume M, Yamamoto T. Optimal timing of insecticide fogging to minimize dengue incidence: modeling dengue transmission among various seasonalities and transmission intensities. PLoS Neglect Trop Dis.2011;5(10):e1367.(IF=4.752)


Masaya Kato,Taro Yamamoto.Early Response to the Great East Japan Earthquake and Massive Tsunami at an evacuation shelter in Otsuchi, Iwate Prefecture.
日本健康教育学会誌.
2011:19(3):256-263.


Taro Yamamoto, Masaya Kato and Susumu Shirabe. Life, Health and Community in the massive Tsunami affected town in Japan.Lancet. 2011 July23;Vol378;318(IF=33.633)


Haque U, Sunahara T, Hashizume M, Shields T, Yamamoto T, Haque R, Glass GE. Malaria prevalence, risk factors and spatial distribution in a hilly forest area of Bangladesh. PLoS ONE. 6(4): e18908 doi:10. 1371/journal.pone.0018908. (IF=4.411)


Hashizume M, Faruque ASG, Terao T, Yunus M, Streatfield K, Yamamoto T, Moji K. The Indian Ocean Dipole and cholera incidence in Bangladesh: A time series analysis. Environ Health Perspect. 2011;119:239-244.(IF=6.087)[Full Text]


2010

Haque U, Hashizume M, Glass GE, Dewan A, Overgaard HJ, Yamamoto T. The role of climate variability in the spread of malaria in Bangladeshi highland. PLoS ONE.
2010;5(12): e14341.doi:10.1371/journal.pone.0014341.(IF=4.092)[Full Text]


Haque U, Hashizume M, Sunahara T, Hossain S, Ahmed SM, Haque R, Yamamoto T and Glass GE. Progress and challenges to control malaria in a remote area of Chittagong hill tracts, Bangladesh.Malaria Journal. 2010, 9:156doi:10.1186/1475-2875-9-156. (IF=3.19)[Full Text]


Eguchi K, Ohsawa K, Fuse M(Kiyono), Suzuki J, Kurokawa K, Yamamoto T. Epidemiological Evidence that Simian T-lymphotropic Virus Type 1 in Macaca fuscata has an Alternative Transmission Route to Maternal Infection. AIDS Research and Human Retroviruses.2011 Feb;27(2):113-4. (IF= 2.082).


Haque U, Magalhaes RJS, Reid HL, Glass GE, Clements ACA, Ahmed AM, Islam A, Yamamoto T, Haque R. Spatial prediction of malaria prevalence in an endemic area of Bangladesh. Malaria Journal. 2010. doi 10.1186/1475-2875-9-120.(IF=3.19)


Yamamoto T. International contribution Made by Universities and Medical Schools in Japan. Japan Medical Association Journal. 53(3): 001-002, 2010. [Full text].


Zhang Z, Yamamoto T, Wu X, Moji K, Cai X, Kuroiwa C. Educational intervention for preventing blood-borne infection among medical students in China. Journal of Hospital Infection. 03/2010; 75(1):47-51.(IF=2.956)


2009

Cai G, L.S, Kang J, Zhang Z, Yamamoto T, Zhang K, Moji K. AIDS/STD Epidemics among Cross-Border Floating Populations in South China. Joutnsl of International Health. 2009 Otc;24(3)236.(IF=2.795)


Oshima K, Fujii H, Eguchi K, Otani M, Matsuo T, Kondo S, Yoshiura K, Yamamoto T.
A Further Insight into the Origin of Human T-Lymphotropic Virus Type 1 (HTLV-1) in Japan, Based on the Genotyping of ABCC11. Tropical Medicine and Health.
37(3):121-123, 2009.


Magafu M, Moji K, Lgumvor EU, Hashizume M, Mizota T, Komazawa O, Cai G, Yamamoto T. Usefulness of Highly Active Antiretroviral Therapy on Health-Related Quality of Life of Adult Recipients in Tanzania. AIDS PATIENT CARE and STDs.
23(7):563-570, 2009. (IF=2.392) [Abstract]


Abe M, Muhoho ND, Sunahara T, Moji K, Yamamoto T, Aoki Y. Effect of communal piped water supply on water use pattern and the transmission of schistosomiasis haematobia in an endemic area of Kenya. Tropical Medicine and Health.
37(2):43-53, 2009. [Abstract]


Eguchi K, Fujii H, Otani M, Oshima K, Matsuo T, Yamamoto T.
Human T-Lymphotropic Virus Type 1 (HTLV-1) Genetic Typing in Kakeroma Island, an Island at the Crossroads of the Ryukyuans and Wajin in Japan, Providing Further Insights into the Origin of the Virus in Japan. Journal of Medical Virology 81: 1450-1456,2009. (IF=2.576) [Abstract]


Tomoko Abe, Sumihisa Honda, Shusuke Nakazawa, Trinh Dinh Tuong, Nguyen Quang Thieu, Le Xuan Hung, Le Khanh Thuan, Kazuhiko Moji, Masahiro Takagi and Taro Yamamoto. Risk Factors for Malaria Infection among Ethnic Minorities in Binh Phuoc, Vietnam. Southeast Asian Journal of Tropical Medicine and Public Health 40: 18-29,2009.[Abstract]


Guoxi CAI, Jun KANG, Ling SHEN, Xiangdong MIN, Zhunyou WU, Keming ROU,
Taro YAMAMOTO, Kazuhiko MOJI. Assessment of a questionnaire used for an AIDS-related KABP survey among physicians in China. Information . 12(3):721-730, 2009.


2007

Yamamoto T, Crump A. Japan’s aid commitment to health and Africa. Lancet 369: 28, 2007.


2006

Crump A, Yamamoto T, Japan’s health revolution to be bestowed on Africa. RealHealthNews 6: 28-31, 2006.


Yamamoto T, Crump A. Proactive plan to help contain pandemic influenza in Asia. Trop. Med. Health 34(2): 28-31, 2006.


Yamamoto T, Japan’s contribution in achieving the health related MDGs- Health and Development Initiative (HDI). Journal of International Health 20(2): 65-66, 2006.


2005

Karama M, Yamamoto T, Shimada M, Orago S, Moji K. Knowledge, attitude and practice toward HIV/AIDS among community people in rural Kenya. J of Biosocial Science 38: 481-490, 2005.


Suzuki C, Mizota T, Awazawa T, Yamamoto T, Makunike B, Rakuei Y. Effect of school-based education program for Schistosomiasis control. Southeast Asian Journal of Tropical Medicine and Public Health 36(6): 1388-1393, 2005.(IF=0.602)


Qin L, Yoda T, Suzuki C, Yamamoto T, Cai G, Rakuei Y, Mizota T. Combating HIV/AIDS in mainland China- an epidemiological review of prevention and control measures-. Southeast Asian Journal of Tropical Medicine and Public Health 36(6): 1479-1486, 2005.(IF=0.602)


2004

Yamamoto T, Hamada Y, Dotse A, Ataka Y, Moji K, A simulation sheds a light on the present HIV epidemic. Tropical Medicine and Health 32(3): 249-251, 2004.


2002

Kihara M, Ono-Kihara M, Feldoman MD, Ichikawa S, Hashimoto S, Eboshida A, Yamamoto T, Kamakura M. HIV/AIDS surveillance in Japan 1984-2000. J. Acqur. Immu. Def. Syndr. (supple1) 32: s55-62, 2002.


2001

Yamamoto T, Shimada M, Moji K, Mizota T. Research Activities on Emerging and Re-emerging Diseases. Jap. J. Tropical medicine and Hygiene 29(2): 231-234, 2001.


Moji K, Yamamoto T, Preliminary report of the 8th selective Mass-Chemotherapy of urinary Schistosomiasis in the Mwachinga community of Kwale district, Coast Kenya. Bull. Sch. Alli. Med. Sci. Nagasaki Univ 15, 2001.


2000

Kusano Y, Shibata Y, Katamine S, Yamamoto T, Kurokawa K, Moriuchi R, Kubota K, Masuzaki H, Honda S, Moji K, Takemoto T, Demographic and reproductive factors for high seroprevalence of Chlamydia trachomatis among pregnant women in Japan. Tohoku J. Exp. Med 190: 1-13, 2000.


Ono-Kihara M, Kihara M, Uchino H, Sugimori S, Yamamoto T, Minowa M, Ishizuka T, Nakaune N, Ozaki Y, Tuchida S. Knowledge of and attitude toward contraceptive pill use in Japan. ? result of "HIV & Sex in Japan Survey 1999". ?? INTERNATIONAL AIDS CONFERENCE Social Sience: Rights, politics, commitment and action 169-174, 2000.


1998

Yamamoto T, Moji K, Kusano Y, Kurokawa K, Kawagoe K, Katamine S. Trend in Chlamydia trachomatis Infection among Pregnant Women in Past Ten Years in Japan-Significance of Chlamydia trachomatis seroprevalence-. Sex Trans Dis 25 10; 516-521. 1998.


Yamamoto T, Kusano Y, Moji K, Kurokawa K, Mizota T, Katamine S. Situation of C. trachomatis infection among pregnant women in Japan. 12th World AIDS Conference. Geneva 227-230, 1998.


1996

Yamamoto T, Umenai T, Suzuku H, Katamine S, Kikuchi H, Prevalence of Chlamydia trachomatis and HIV infection among pregnant women and young adults. AIDS Res. Newsletter 68-69, 1996.


Umenai T, Narula M, Onuki D, Yamamoto T, Igari T. International HIV and AIDS Prevention: Japan/United States Collaboration. J of AIDS and Human Retrovirology 14 (suppl. 2): 58-67, 1996.


Kikuchi H, Yamamoto T, Fukushima K, Umenai T. Low prevalence of Chlamydia trachomatis infection among female Brazilians of Japanese decent living in Japan. AIDS Res. Newsletter 67, 1996.


1995

Yamamoto T, Terada K, Nisida N, Moriuchi R, Shirabe S, Nakamura T, Tsuji Y, Miyamoto T, Katamine S. Inhibitory Activity in Saliva of Cell-to-Cell Transmission of Human T-Cell Lymphotropic Virus Type 1 in Vitro: Evaluation of Saliva as a Souce of Alternative Transmission. J of Clinical Microbiology 33(6): 1510-1515, 1995.


1994

Katamine S, Moriuchi R, Yamamoto T, Terada K, Eguchi K, Tsuji Y, Yamabe T, Miyamoto T, Hino S. HTLV-1 proviral DNA in umbilical cord blood of babies born to carrier mothers. Lancet 1326-1327, 1994.


Nakamura Y, Moriuchi R, Nakayama D, Higashiyama Y, Yamamoto T, Kusano Y, Hino S, Miyamoto T, Katamine S. Altered expression of a novel cellular gene as a consequence of integration of Human T-Cell Lymphotropic virus Type 1. J of General vorology 75: 2625-2630, 1994.


1993

Nakamura S, Katamine S, Yamamoto T, Steven K. H. Foung, Kurata T, Hirabayashi Y, Shimada K, Hino S, Miyamoto T. Amplification and Detection of a Single Molecule of Human Imunodeficiency Virus RNA. Virus genes 7 4: 325-338, 1993.


 (日本語論文)

2017

小堀栄子,前田祐子,山本太郎.日本在住外国人の死亡率:示唆されたヘルシー・マイグラント効果.


2013

朴範士,松本明子,横山明子,山野上敬夫,桑原正雄,山本太郎,菅波茂.ハイチでのコレラ流行に対する医療支援活動の報告


2011

山本太郎大学の東日本大震災緊急支援        アジ研ワールド・トレンド. No.192 2011.9


2005

山本太郎ODAを通じた保健医療分野における日本の国際協力. 保険の科学. 第47巻10号 p740-744.


2001

木原正博, 木原雅子, 市川誠一,山本太郎. ネットワーク化する若者の性行動とHIV/STD感染リスク. 保険婦雑誌57巻6号 p490-493


山本太郎, 橋爪真弘, 吉川理子, 京文靖, 加計勇輝, 近藤久禎. 医学部学生の国際ほけにりょうに対する意識調査. 日本公衆衛生学会雑誌. 第48巻12号p963-968


2000

山本太郎, 溝田勉. エイズ流行拡大が開発に与える影響-アフリカにおける事例研究. 熱帯. 第34巻p80-87.


山本太郎, 黒川憲次, 森内良三, 木原雅子, 久保田健二, 門司和彦, 青柳潔, 竹本泰一郎, 片峰茂. 長崎県における妊娠のクラミジアスクリーニングの現状. 日本性感染症学会誌. 第11巻1号 p166-170


1999

山本太郎, 草野洋介, 門司和彦, 森内良三, 黒川憲次, 久保田健二, 溝田勉, 片峰茂. 妊娠HIVおよびクラミジアトラコマティス抗体スクリーニング体制の確立-長崎方式による取り組み. 日本公衆衛生学会雑誌. 第46巻4号 p304-310


1998

菊池宏久, 奥村順子, 山本太郎, 三浦宏子, 梅内拓生, 新井健二, 角田郁夫, 永石匤司, 福島一也. Chlamydia trachomatis 感染と性行動-在日日系ブラジル人女性と日本人女性の比較 日本性感染症学会誌 . 第9巻1号 p41-48


山本太郎, 門司和彦. タイにおけるHIV/AIDS流行の現状-行動疫学調査と血清疫学調査の連携の重要性 日本公衆衛生学会雑誌. 第45巻5号 p463-468


草野洋介, 門司和彦, 山本太郎, 黒川憲次, 久保田健二, 増﨑英明, 竹本泰一郎, 堀口逸子, 本田純久, 片峰茂. 妊婦クラミジア感染危険因子の検討-低用量ピル解禁に向けて 日本性感染症学会誌 第9巻1号 p49-p55


1997

菊池宏久, 山本太郎, 福島一也, 梅内拓生. 在日日系ブラジル人女性のクラミジアトラコマティス感染症に関する疫学的調査 日本性感染症学会誌. 第8巻1号 p85-90


門司和彦, 堀口逸子, 山本太郎. 世界の健康問題と今後の国際保健-アフリカ、アジア、中南米 保険の科学. 第39巻5号 p300-306


山本太郎, 梅内拓生, 草野洋介, 片峰茂, 韓士栄, 中村裕子, 黒川憲次, 宮本勉. 大学生のクラミジアトラコマティス抗体陽性率に関する疫学的調査 日本性感染症学会誌. 第8巻1号 p91-96



社会における活動

2017年1月13日~15日

2017年1月3日~6日

2016年2月25日、26日

2015年2月23日

2015年10月19日

2014年春

2014年4月24日―
        2014年4月25日
2013年11月28日―


2013年4月 ―
2013年6月20日―
        2013年7月6日
2012年12月20日―
        2013年2月20日

2012年11月―
2012年10月18日
2012年 ―
2012年 ―
2012年 ―
2012年  1月―
2011年10月2日―6日
2011年  7月13日
2011年  6月1日―11日

2010年  4月 ―
2010年  4月 ―
2010年  2月10日
2010年  2月5日
2010年  1月16日―29日
2009年10月 ―
2009年  8月 ―
2009年  5月 ―
2009年  4月 ―
2009年  3月 ―
2008年12月 ―
2008年  9月 ―
2006年 ―  
2000年 ―  

山岳医検定講習会参加

USCDC研修 にJICAより協力派遣

Quality Universal Health Coverage & Resilience:Technical Workshop in WHO Kobe Centre出席

公益財団法人 結核予防会 結核研究所 「平成27年度結核研究所研究事業運営委員会」出席

長崎県環境保健研究センター倫理審査委員会委員へ委嘱されました。
龍谷大学入試問題に山本太郎著『雪の上高地(2013.6みすず書房)』が使用されました。
世界医師会に出席しました。

環境省S-11「持続可能な開発目標とガバナンスに関する総合的研究
 -地球の限られた資源と環境容量に基づくポスト 2015年開発・成長
 目標の制定と実現へ向けて- 」の会議が開催されました。
結核研究所「研所「研究事業運営委員会」に就任しました。
 パシフィック・パートナーシップ2013(PP2013)に参加しました。

国立国会図書館リサーチ・ナビのミニ電子展示『本の万華鏡:第11回本の万華鏡 はやり病あれこれ』に『感染症と文明 : 共生への道』が紹介されました。
国立共同民俗学博物館館外研究員
スタンド・アップ テイクアクション2012参加
日本登山医学会 会員
京都大学地域研究統合情報センター運営委員
東アジア環境史協会・日本環境史研究会
大連医科大学客員教授
外務省ODA評価のためインドネシアに出張
平成23年度ODA評価第1回検討会
ボランティアプロジェクト「チョングエ郡コミュニティHIV/エイズ対策支援強化プロジェクト」終了時評価(JICA)
未来の科学発掘推進委員
日本医学会医学用語代委員 理事
外務省国際協力局でハイチ復興支援に関する意見交換を行いました。
参議院会館においてハイチの現状と課題を国会議員へ報告しました。
国際緊急援助隊の一員としてハイチへ赴き、救助活動を行いました。
海洋研究開発機構 環境・社会システム統合研究フォーラム外部有識者
内閣府科学技術外交戦略タスクフォース会合委員
日本国際保健医療学会理事 選出
青年海外協力隊事務局 エイズ対策技術専門委員
日本国際保健医療学会 代議員
熱帯医学会常任理事(庶務・会計)
日本医師会国際保健検討委員会副委員長
国際協力機構エイズ対策職種支援委員会委員
東京大学医学教育国際協力センター 客員研究員



政策対話

2017

  1. 「Climate Change and Infectious Diseases」(2017年1月19日Roundtable Seminar on "Climate Change and Fragility Implications on International Security")

2014

  1. 「Ending the Double Burden of Malnutrition: Addressing the Food and Health Nexus in the Sustainable Development Goals」を発表しました。(2014年11月13日POST2015/UNU-IAS Policy Brief#6)

2013

  1. 国際連合パレスチナ難民救済事業機関 保健生活局長の清田先生と打ち合わせをしました。(2013年9月13日)
  2. 第5回アフリカ開発会議(TICAD)「健康と人間の安全保障」シンポジウムに参加しました。(2013年6月2日 横浜)
  3. 日本医師会の第4回国際保健検討委員会に参加しました。(2013年5月23日 東京)
  4. 世界医師専門家会議「ヘルシンキ宣言改訂」(2013年2月28日-3月1日 東京)

2012

  1. ODA評価「研修員受入事業の評価」最終検討会(2012年1月23日 東京)

2011

  1. 外務省 ODA評価検討委員会に参加(8月31日 東京)
  2. ワークショップ「東日本大震災と健康に関する安全保障プログラム」.(2011年7月20日)

2010

  1. グローバル・ヘルスと人間の安全保障プログラム「健康と人間の安全保障プロジェクト第3回検討会合」.(2010年11月19日 東京)
  2. インドネシア共和国 インドネシア大学整備事業~医学部付属病院整備と医学教育拡充のための技術支援~(JICA・インドネシア共和国円借款事業).(2010年9月28日-10月1日 インドネシア大学)
  3. 日本医師会 第1回国際保健検討委員会.(2010年8月31日 東京)
  4. グローバル・ヘルスと人間の安全保障プログラム「健康と人間の安全保障プロジェクト検討会合」.(2010年8月8日 東京)
  5. JAMSTECフォーラム対話集 【報告書】
  6. 山本太郎 (2010.3.10 東京) 「ミレニアム開発目標の達成と我が国のODA」. 参議院「政府開発援助に関する特別委員会」.
  7. 第4回海洋研究開発機構 環境・社会システム統合研究フォーラム「気候変化/気候変動適応型社会」を実現する融合型デザインシステム会合.(2010年03月08日 東京)
  8. 日本医師会国際保健検討委員最終会.(2010年2月15日 東京)
  9. 「世界基金/GAVIアライアンス/世界銀行による“保健システム強化のための合同プラットフォーム”に関するコンサルテーション会合」.(2010年2月9日 東京)
  10. 第8回内閣府総合科学技術会議「科学技術外交タスクフォース」.(2010年2月4日 東京)

2009

  1. 第6回内閣府総合科学技術会議「科学技術外交タスクフォース」.(2009年12月2日 東京)
  2. 環境・社会システム統合研究フォーラム「気候変化/気候変動適応型社会」を実現する融合型デザインシステム.(2009年11月30日 東京)
  3. 第4回内閣府総合科学技術会議「科学技術外交タスクフォース」.(2009年10月28日 東京)
  4. 第3回内閣府総合科学技術会議「科学技術外交タスクフォース」.(2009年10月14日 東京)
  5. 第2回国際保健検討委員会. (2009年9月24日 東京)
  6. 第2回内閣府総合科学技術会議「科学技術外交タスクフォース」.(2009年9月15日 東京)
  7. 第1回内閣府総合科学技術会議「科学技術外交タスクフォース」.(2009年8月25日 東京)
  8. アフリカ科学技術協力シンポジウム.(2009年4月27日 東京)
  9. WHO/TDRのステイクホルダー会議.(2009年3月16日-18日 ベルリン)
  10. 内閣府科学技術ミッション.(2009年2月21日-3月8日 アフリカ4カ国(南ア、ケニア、エジプト、ガーナ))

2008

  1. G8北海道洞爺湖サミット・フォローアップ国際会議:保健システム強化に向けたグローバル・アクション.(2008年11月3-4日 東京)
  2. 国際結核シンポジアム-世界における結核の制圧に向けて:アジアからアフリカまで.(2008年7月24-25日 東京)
  3. 3大感染症制圧へ向けて-沖縄から洞爺湖へ. (2008年5月22-23日 東京)

2007

  1. Ministerial Conference on sanitation and Hygene. (2007年12月1-2日 別府)
  2. 日本政府・WHO 西太平洋事務局 政策協議. (2007年10月29-30日 東京)

講義

  1. 順天堂大学医学研究入門Ⅱで「生態学的視点から見た感染症:感染症とは何か」について非常勤講義を行いました。(2016年11月24日)
  2. 新潟大学で「公衆衛生の転換」について非常勤講義を行いました。(2016年5月13日)受講後の感想
  3. JICA横浜にて開催されたJICA国際緊急援助隊感染症対策チーム第一回導入研修プログラムに出席し「安全管理(感染症対策)について講義しました(聴衆180名)(2016年2月20日)
  4. 修猷館高校にて「健康・保健分野」をテーマに出前授業を行いました。(2015年10月20日)(聴衆50名)         
  5. 岡山県立大学大学院「災害医療援助特論」公開講座にて『熱帯感染症のメカニズムとハイチ地震、ネパール地震緊医療支援活動の実践について講義を行いました。(2015年8月29日)
  6. 新潟大学で「公衆衛生の転換」の非常勤講義を行いました。(2015年6月19日)受講後の感想
  7. 慶応大学湘南藤沢キャンパスにて「SDGsと保存」の非常勤講義を行いました。(2015年6月8日)
  8. 大阪市立大学医学部で「感染症と社会―そして、地球環境に関する少しの考察」の講義を行いました。(2014年9月9日)
  9. 新潟大学医学部で「感染症」の特別講義を行いました。(2014年5月1日)
  10. 島根大学医学部で「感染症疫学」の講義を行いました。(2013年6月17日)
  11. 長崎純心大学 フレッシュセミナー「環境と人間~感染症の文明史的考察から人類の在り様を捉える」(2012年1月11日)
  12. 国際保健中級研修(独立行政法人 国立国際医療研究センター)「感染症理解---生態学的視点より」(2011年1月7日)
  13. サイエンスカーラボ・出前授業(対馬市立乙宮小学校)「いのち、これまでに出会った二人のお医者さん」(2010年10月25日)
  14. 沖縄県看護協会 公衆衛生活動による母子保健強化 「感染症対策の基礎」(2010年9月13日)(看護研修センター)
  15. JICA能力強化研修(HIV/エイズ)「感染症対策と国際協力―生態医療学・共生の視点から」(2010年8月27日)
  16. 東京大学グローバル30 非常勤講師(2010年3月1日)
  17. シーボルト大学 「感染症最前線」(2008年1月25日)
  18. 順天堂大学 「国際保健と感染症」(2007年11月27日)


学会発表

(国際)

2015

  1. International Congress of Historical Science で『Geographic expansions and demographic changes by smallpox disasters in 18th and 19th century Amakusa island, Kyusyu, Japan.』を発表します。(2015年8月予定)
  2. Learning for Sustainable Futures-Making the Connectionで『Education as the strategic means of implementation for Sustainable Development Goals: Lessons from Water and Health Literacy』を発表します。(2015年9月15日から17日、the University of Oxford予定)

2014

  1. Eco Health 2014(カナダ、ケベック大学モントリオール校)で、『Evolution Biology/Medicine and Ecohealth (by T.Yamamoto)』を含むJ-Ecohealthメンバーのポスターが発表されました。(2014年8月11日-15日)
  2. Asian Society of Zoo and Wildlife Medicine(2014 meeting in Vietnam)で Yamamoto T: A History of Infectious Diseases and Civilization: Conquest or Co-existence?を発表しました。以下の演題も発表しました。
    Wada T, Yoshida S, Yamamoto T, Yanai T: Opportunistic and pathogenic Mycobacteria: importance of systematic surveillance of mycobacteriosis based on pathological diagnosis.(2014年10月15日)
  3. Workshop on Sanitationで『Human Microbiota:Missing Microbes』を発表しました。(2014年11月29日)

2013

  1. 6th Asian Society of Zoo and Wildlife Medicine (ASZWM)meeting にて、以下の演題を発表しました。
    Takayuki Wada, Shiomi Yoshida, Mariko Takata, Motohisa Tomita, Tokuma Yanai, and Taro Yamamoto. Mycobcterium kansasii: its epidemiological background in humans and a case of infection in black bearded Sakis in a zoo.

2012

  1. Wada T, Yoshida S, Iwamoto T, Yamamoto T, Hase A, KitaichiK, Suzuki K, Tsuyuguchi K.(2012.10.30-11.2 ニューオリンズ). 11th International Conference on Molecular Epidemiology and Evolutionary Genetics of Infectious Diseases. Looking the past: genetic identification of M. tuberculosis from FFPE specimens embedded several decades prior.

2011

  1. Manirul Islam. Masahiro Hashizume. Taro Yamamoto. Zahir Uddin. Md. Faruq Alam. Golam Rabbani. Syed Kamaluddin Ahmed.(2011.10.16-18) 6th International Conference on Psychiatry - 2011
  2. 山本太郎(2011.10.7-9 )上海国際寄生虫歴史シンポジウム

2010

  1. JP Malemba, J Okumura, JM Mpapa, R Mbumba, T Yamamoto, JP Kabuayi, A Ndongosieme. (2010.11.11-15 Berlin Germany) TB control activities in conflict- ridden lturi in Democratic Republic of Congo. The 41st World Conference on Lung Health of the International Union Against.
  2. M Hashizume, Y Nishiwaki, T Michikawa, K Ueda, D Onozuka, K Yokota, M Mine, A Mori, A Shimizu, N Sugimoto, T Yamamoto.(2010.8.28-9.1 COEX convention center, Seoul, Korea)Effects of Asian Dust Events on Daily Mortality in Nagasaki, Japan. Twenty -Second Conference of the International Society for Environmental Epidemiology.
  3. 山本太郎 (2010.7.31-8.3 釜山) A Light Shed on The Enigma Surrounding HTLV-1 Epidemic in Japan. 1st World Congress of Virus and Infections-2010.

(国内)

2015

  1. 山本太郎.第33回開発教育全国研究集会「持続可能な開発目標ポスト2015開発アジェンダ」(2015.8.8~8.9 北海道大学)
  2. 山本太郎. ポスト2015における健康課題:肥満を例として. シンポジウム「地域から国連目標を考える:持続可能な開発目標論議へのインプットと実施へ向けて」(2015.2.13 長崎県美術館)

2014

  1. 食料SDGについて, 山本太郎(長崎大学・熱帯医学研究所),環境研究総合推進費 (S-11)「持続可能な開発目標とガバナンスに関する総合的研究 (PST2015)」の拡大テーマ・リーダー会合, 2014年4月11日, 東京工業大学
  2. 環境経済・政策学会 2014年大会で『ポスト2015年開発アジェンダにおける食料関連目標に関する一考察』を発表しました。2014年9月13日-14日、法政大学
  3. 第87回日本細菌学会総会抄録. 日本細菌学雑誌69(1):211, 2014 和田崇之山本太郎: 結核菌における遺伝型別一致株の比較ゲノム解析
  4. 第89回日本結核病学会総会講演集. 結核89(3):370, 2014. 和田崇之山本太郎: BCG Tokyo172-1に存在するサブポピュレーションの比較変化に関する検討.
  5. 第89回日本結核病学会総会講演集. 結核89(3):471, 2014. 吉田志緒美和田崇之山本太郎: 1960~70年代における結核菌の薬剤耐性状況の推察- 抗結核薬の変遷とその影響について.
  6. 第89回日本結核病学会総会講演集. 結核89(3):465, 2014. 和田崇之山本太郎: M株の広域的分離の原因究明-比較ゲノム解析に基づく「結核ゲノム疫学」の導入.
  7. 第29回日本国際保健医療学会学術大会合同大会. 2014.11.1-3. 東京. 市川智生山本太郎: 近世天草地方における天然痘流行の再現:歴史疫学の試みとして.

2013

  1. 10月4~5日、今年度の第54回日本熱帯医学会大会は長崎ブリックホール(長崎市)にて開催されました。当教室からの発表演題は以下の通りです。
    ・水本 憲治,江島 啓介,山本 太郎,西浦 博.系統的レビュー及び数理モデルを用いたデング二次感染時の重症化に関する疫学的機構の解明.
    ・高橋 宗康,和田 崇之,山本 太郎.東日本大震災における年齢別死亡の考察.
    ・秦 亮, 山本 太郎,渡邊 浩.中国上海市における市中気道感染症由来インフルエンザ菌の薬剤感受性及び水平伝播についての研究.
    ・角 泰人, 源 不二彦,吉田 美紀, 森 安義,白須 紀子, 山本 太郎, 森 亨.ハイチにおける結核診療の現況と、日本からの支援についての考察.
    ・飛永 祥平, 松本 充生, 吉田 志緒美, 北市 正則, 鈴木 克洋, 露口 一成, 岡田 全司, 林 清二, 山本 太郎, 和田 崇之.昭和後期における結核菌の薬剤耐性を探る─抗結核薬の変遷とその影響に関する考察.
    ・和田 崇之,山本 太郎.わが国における結核分子疫学と伝搬経路推定:結核中蔓延国としての役割について.
  2. 当分野の山本太郎が8月9日に中日高齢化、慢性疾患研究会でポストMDGs-beyond2015について発表しました。(於中国昆明)
  3. POST-2015 Project On Sustainability Transformaition beyond 2015 当分野の山本太郎が「Post MPGs-health」の講演発表をいたしまいた。2013.7.27横浜
  4. 霊長類T細胞白血病ウイルス1型(PTLV-1)の系統分化,江口克之(首都大学東京・理工学研究科),山本太郎(長崎大学・熱帯医学研究所),第22回サル類の疾病と病理のための研究会ワークショップ 2013,2013年7月6日 岐阜ホテルパーク
  5. 小野雅司, 本田靖, 橋爪真弘, 山本太郎. 【予定】(2013.3月24日-26日 金沢) 夏季における気温と室内温度との関係:空調使用の影響. 日本衛生学会学術総会.

2012

  1. 大木美香,砂原俊彦,山本太郎.(2012.9.5-6 北海道とかちプラザ)一般市民のヒトスジシマカによる被刺咬頻度から、日本にケルデング熱再流行リスクを推定する試み.
  2. 角泰人,山本太郎,日置哲二郎,吉田美紀,石塚彩,白須紀子,森安義,神田秀俊,森亨.(2012.9.5-6 北海道とかちプラザ)ハイチへの結核診断のための簡易核酸増幅検査LAMP法導入の試み.

2010

  1. 山本太郎.(2010.10.22-23 奈良県新公会堂) 「アジアにおけるエイズ流行動向とその課題」. 第8回アジア太平洋・渡航医学会議.
  2. 山本太郎.(2010.9.11-12 日本赤十字九州国際看護大学) ハイチという国、そして、ある医師達の生き方. シンポジウムⅡ「大規模自然災害に立ち向かう人道・人倫・人知」 第25回日本国際保健医療学会学術大会.
  3. Junko Okumura, Malemba Tshibuyi JP, Mpapa wa Mpapa JM, Mbunmba NR, Kabuayi Nyengele JP, Ndongosieme Okumu A, Taro Yamamoto. (2010.8.26-28 札幌プリンスホテル) TB control activities in conflict-ridden area: Through a case of Ituri in Democratic Republic of Congo. The 10th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine(第10回アジア・太平洋災害医学会).
  4. 山本太郎 (2010.2.12 東京) 「生態学的感染症研究」. 第3回海洋開発研究機構(JAMSTEC)フォーラム(気候変化/気候変動適応型社会を実現する融合型環境デザインシステム).

2009

  1. Zhuo Z, Cai G, Shen L, Yamamoto T (2009.10.22-23 沖縄コンベンションセンター) 中国におけるハイリスク集団を対象とするエイズ予防問題について. 第50回日本熱帯医学会大会.
  2. Haque U, Hashizume M, Sunahara T, Yamamoto T (2009.10.22-23 沖縄コンベンションセンター) Present situation of Malaria control in Bangladesh. 第50回日本熱帯医学会大会.
  3. 砂原俊彦, 山本太郎 (2009.10.22-23 沖縄コンベンションセンター) マラリア媒介蚊の発生源の分布を推定する数理モデル. 第50回日本熱帯医学会大会.
  4. 大木美香, 砂原俊彦, 山本太郎 (2009.10.22-23 沖縄コンベンションセンター) Exce-Ent:デング出血熱患者数と気象データから媒介蚊発生源密度を逆推定する. 第50回日本熱帯医学会大会.
  5. 江口克之, 藤井秀文, 大島謙吾, 大谷正史, 松尾敏明, 渡邉俊樹, 山本太郎 (2009.10.22-23 沖縄コンベンションセンター) 東アジアにおける成人T細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)の空間的広がりと系統分化 ~ HTLV-1がいつ、どこから日本に来て、どのように広まったのか ~. 第50回日本熱帯医学会大会.
  6. 秦 亮, 山本太郎(2009.8.5-6 東北大学星陵キャンパス)中国におけるエイズ high risk groupである流動人口についての調査.第24回 日本国際保健医療学会学術大会.


総説

2017

  1. 山本太郎「歴史に学ぶ現代の諸課題-人類が直面する新たな感染症の脅威-」(帝国書院出版『世界史のしおり』)

2016

  1. 山本太郎「公衆衛生の転換—人はひとりではいきていけない」(東洋學報 第98巻 第2號 2016年9月)
  2. 山本太郎「人は独りではいきていけない-受け継ぐもの、手渡すもの」(岩波書店「図書 第805号」2016年3月)

2015

  1. 島尾忠生・水野達男・山本太郎・尾身茂・鎌倉光宏「感染症対策に求められる日本の貢献」(三田評論』No.1188・特集グローバル感染症の現在、2015年4月号 pp.10-25)
  2. 山本太郎・北村友人「「量から質へ」の転換目指す」(『国際開発ジャーナル』2015年4月号)
  3. 山本太郎「感染症-過去と未来-」(『大阪保険医雑誌』No.583特集感染症との付き合い方、2015年4月20日pp.21-25)
  4. 山本太郎「特別リポート 公衆衛生の転回―感染症との闘いから共生へ」(『ブリタニカ国際年鑑2015年版』pp.135-138)

2014

  1. 『医学の歩み』250巻3号(2014年7月)に「進化とエコヘルス」を執筆しました。
  2. 以下の論文が掲載されました。
    Taro Yamamoto. Post-2015 Contemporary Issues―The example of obesity―. JMAJ. Vol.57, No.1, Jan.-Feb.2014.

2013

  1. 季刊 環境研究に「公衆衛生分野で国際資金は何ができるか 2013/No.171 P80-83」を執筆しました。
  2. 日本医事新報(2013年2月9日 NO.4633)「基本再生産数と集団免疫率」を執筆しました。

2012

  1. 公衆衛生(76巻8号 P.592-595 2012.08)「わが国の熱帯医学,国際感染症研究の歩み」を執筆しました。

2011

  1. 感染症(242号 vol.41 No.6 2011.11)「自然災害と感染症」「自然災害と感染症-ハイチの事例を中心に-」を執筆しました。
  2. 化学療法の領域(11月号 vol.27 No.11 2011)「感染症と国際貢献、国際支援」を執筆しました。


講演

2016

  • 11月12日、山本太郎が一般財団法人 国際開発機構 FASID 2016年度国際開発入門コースで『感染症と開発の関係から「ヒト社会」のあり方を考える』を講演しました。受講者の感想
  • 10月13日、山本太郎が中野区医師会にて「公衆衛生の転換:人はひとりでは生きていけない」を講演しました。写真①写真②

2015

2014

  • 12月19日、当分野の山本太郎が国の人事院公務員研修所「行政フォーラム」で『デング、エボラを考える』を発表しました。
  • 12月12日、当分野の山本太郎が佐賀県衛生薬業センター健康危機管理研修で『エボラ、デング熱に備える』を発表しました。
  • 10月10日、当分野の山本太郎が数理地理研究会で、『私たちの関心とコラボの可能性』を発表しました。
  • 3月5日、当分野の山本太郎が神戸学院大学で、「国際協力と国際保健 いま何を考えるべきか」の講演を行いました。
  • 国立民族学博物館で『熱帯の「狩猟採集民」に関する環境史学的研究ーアジア・アフリカ・南アメリカの比較から』のシンポジウムで、「感染症と人類ー文明以前と文明以後」を発表しました。

2013

2012

2011

2010

2009

2008

  • 長崎透析医会「新型インフルエンザ-歴史・対策・課題- 国際協力の視点から」(2008年11月11日 長崎市)
  • 長崎医学会「感染症国際協力最前線:インフルエンザを例として」 (2008年11月8日 佐世保市)
  • 東京都立駒込病院「感染症国際協力」 (2008年9月17日 東京)
  • 長崎医学会「感染症国際協力最前線」 (2008年8月23日 島原市)
  • 長崎市民病院「新型インフルエンザ:国際協力のあり方」 (2008年8月6日 長崎市)


著作

  1. 橋爪真弘, 山本太郎. 「地球環境学事典 総合地球環境学研究所編」 地球温暖化と健康 (弘文堂) ISBN 978-4-335-75013-7.
  2. Zhang Z, Cai G, Moji K, Yamamoto T, Wu X. A practical handbook for preventing exposure to blood among health workers. Tianjin Science and Technology Press 2008 Apr. ISBN 978-7-5308-4521-9
  3. 分担執筆『主な検疫・輸入感染症』(文光堂):491-497. 2011.
  4. 「新型インフルエンザ 世界がふるえる日(中国語版)」(天津科学技術出版社)
  5. 「新型インフルエンザ 世界がふるえる日」 (岩波新書)
  6. 「ハイチ いのちとの闘い」(昭和堂)
  7. 「感染症疫学」(昭和堂)
  8. 「エイズ ウイルスの起源と進化」(学会出版センター)
  9. 「国際保健学講義」(学会出版センター)
  10. 山本太郎・和田崇之・市川智生.「進化とエコヘルス」(医学の歩み:250巻3号)2014年7月.


受賞

2007年 12月

生存科学研究武見奨励賞



研究費(代表)

1.研究種目:研究助成
    期間:平成25年度~平成25年度
    研究課題:西蔵少数民族の高地適応戦略と生活習慣病
    研究経費:500万円

2.科学研究費助成事業(基盤B)(H24-26)(研究代表者)
    「中国雲南省の静注薬物常用者のHIV感染リスクの評価と対策構築に関する研究」
    研究経費:17,350千円

3.科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)(H23-24)(研究代表者)
    「ウイルス感染症ヒト社会への適応過程に関する一研究」

4. 文部科学省科学研究費補助金(基盤B) (H20-22) (研究代表者)
    「G型肝炎ウイルス二重感染がHTLV-1母子感染に与える影響:後向きコホート研究」

5. 厚生労働省科学研究費補助金(H19-20) (主任研究者)
    「先進国を中心とした海外におけるエイズ発生動向、調査体制、対策の分析」

           
           

研究費(分担)

1.研究種目:厚生労働科学研究費補助金 (代表者:兼松隆之)
    期間:平成22年度
    研究課題名:血液製剤によるHIV/HCV重複感染患者に対する肝移植のための組織構築
    研究経費(直接経費):500千円

2.研究種目:受託研究 (代表者:石川尚子)
    期間:平成21年度~22年度
    研究課題名:21指2 社会的文化的背景を考慮したHIV等感染症対策に関する研究
    研究経費(直接経費):3,900千円

3.研究種目:研究拠点形成費等補助金
    期間:平成20年度~24年度
    研究課題名:熱帯病・新興感染症の地球規模統合戦略
    研究経費(直接経費):平成20年度 6,500千円、平成21年度 3,750千円
    平成22年度 3,500千円、平成23年度 2,200千円          

4.研究種目:研究助成
    期間:平成25年度~平成25年度
    研究課題:西蔵少数民族の高地適応戦略と生活習慣病
    研究経費:500万円


           

その他の活動やPR

テレビ・ラジオ・新聞等出演           

2016

1.「緊急!池上彰と考える 今年の細菌・ウイルス大疑問」-時代劇で学ぶ免疫の仕組み-のコーナーを監修。(2016年1月27日放送)
2.講談社 現代ビジネスウエブサイト【賢者の知恵】「ジカウイルス感染症」について解説。(2016年3月2日)

3.「ハイチいのちとの闘い」長崎市立図書館2階特集展示欄<世界で働く人を知る!>にて展示(2016年9月5日)

2015

1.『感染症と文明:共生への道』が長崎大学経済学部分館長のオススメのこの1冊に取り上げられました。(2015年1月22日)
2.ネパール大地震における医療支援活動について毎日新聞(2015年5月9日)朝日新聞(2015年5月10日
3.「今後も自然体で」『ハイチ友の会 20周年記念誌』

4.ネパール大地震における医療支援活動の帰国報告会見KTN NHK NIB(2015年5月13日)
5.ネパール大地震における医療支援活動について朝日新聞 長崎新聞 西日本新聞 毎日新聞 読売新聞(2015年5月13日)
6.ネパール大地震における医療支援活動についてNBCラジオモーニング・サプリ(2015年5月15日)
7.ネパール大地震について長崎新聞(2015年5月9日)
8.研究活動について四国新聞秋田魁新聞愛媛新聞(2015年11月30日)
9.研究活動について産経新聞(2015年12月10日)
10.研究活動について長崎新聞(2015年12月13日)
11.みすず書房創立70周年記念 秋の連続夜話についてみすず書房バブリッシャーズ・レビュー No.17 2015秋(2015年12月15日)
12.研究活動について長崎新聞「長崎 ひと百景㉖」(2015年12月27日)

2014

1.「デング熱」TBS森本毅郎・スタンバイ.(2014年8月28日)            

2.「デング熱」NHKラジオ第1 私も一言!夕方ニュース(2014年9月9日)

3.「感染症に備える」時事通信社・時事ドットコム(2014年9月29日)

4.『エボラ熱「中国経由の感染リスク警戒を』(産経新聞 11月5日九州・山口特別版)と(電子版)(2014年11月5日)

5.『「エボラ」広げる根源に目を』(毎日新聞 2014年12月4日)             

2012

1.「被災地医療と長崎大学」 報道センターNBC.(2012年3月6日)

2011

1.「地域被災地からの医療報告」視点・論点 NHK教育テレビ.(2011年3月23日)

2010

1.「ハイチ大地震・現場からの報告」 視点・論点 NHK教育テレビ.(2010年2月17日)

2.「ハイチの地震について」NHK WORLD.(2010年1月14日)

3. 「ハイチ いのちとの闘い」フジテレビ 情報プレゼンター とくダネ!.(2010年1月14日)

2009

1.「新型インフル県内初感染者」 報道センターNBC.(2009年6月17日)
2. 「新型インフルエンザ」 KTNテレビ長崎 できたてGopan.(2009年3月26日)

2008

1.「気候変動と健康影響」 週刊健康マガジン KTN長崎テレビ放送.(2008年9月12日、19日、26日)


雑誌

『みすず』新連載

2013

  1.「夏の空と僻村の住診 医師の山歩き6」(2013年10月3日)

  2.「雪の上高地 医師の山歩き5」(2013年6月1日)

  3.「祖母の逝った冬 医師の山歩き4」(2013年3月1日)

2012

  1.「秋、穂高で 医師の山歩き3」(2012年12月1日)

  2.「今年も夏が暮れて 医師の山歩き2」(2012年11月1日)

  3.「他者の苦難について 医師の山歩き1」(2012年10月1日)


雑文

2016

  1. 5月31日、東京新聞に山本太郎が翻訳した『失われていく、我々の内なる細菌』がとり上げられました。
  2. 1月24日、日本経済新聞に山本太郎が翻訳した『失われていく、我々の内なる細菌』がとり上げられました。
  3. 日本栄養士会雑誌 第59巻 第1号2016年に山本太郎が翻訳した『失われていく、我々の内なる細菌』がとり上げられました。
  4. 長崎大学同窓会誌「朋百 Vol139」に山本太郎が翻訳した『失われていく、我々の内なる細菌』がとり上げられました。

2015

  1. 12月27日、信濃毎日新聞に山本太郎が翻訳した『失われていく、我々の内なる細菌』がとり上げられました。
  2. 11月11日、芸術新潮2015年11月号に山本太郎が翻訳した『失われていく、我々の内なる細菌』がとり上げられました。
  3. 10月8日、毎日新聞ノーベル医学生理学賞に関する記事に山本太郎のコメントが掲載されました。
  4. 9月7日、公明新聞書評欄に山本太郎が翻訳した『失われていく、我々の内なる細菌』がとり上げられました。
  5. 8月23日、信濃毎日新聞書評欄に山本太郎が翻訳した『失われていく、我々の内なる細菌』がとり上げられました。
  6. 日経サイエンス2015年10月号書評欄に山本太郎が翻訳した『失われてゆく、我々の内なる細菌』がとり上げられました。
  7. 8月16日、赤旗書評欄に山本太郎が翻訳した『失われてゆく、我々の内なる細菌』がとり上げられました。
  8. 8月9日、日経新聞書評欄に山本太郎が翻訳した『失われてゆく、我々の内なる細菌』がとり上げられました。
  9. 2月13日、感染症に関するインタビュー記事が洋泉社MOOKの書籍「感染症クライシス世界を脅かす感染症の全貌」へ掲載されました。

2014

  1. 10月29日、週刊新潮11月6日号の「エボラウイルスの必要知識」の特集記事の中でエボラウイルスへの対峙方法についてのコメントがとり上げられました。
  2. 『天地人』(第25号2014年10月、12-13頁)に「中国寒冷高地における身体適応と生活習慣病」が掲載されました。
  3. 12月29日、フライデーダイナマイトにエボラに関するインタビューが掲載されました。

2013

  1. 12月21日、産経新聞に「武見国際保健プログラム」設立30周年記念シンポジウムの記事が掲載されました。
  2. 東京大学出版会「UP」(2013年11月号)に、ジャック・ぺパン著、山本太郎訳『エイズの起源』の書評がとり上げられました。
  3. 10月5日(土)、図書新聞3129号に当分野の山本太郎が翻訳した『エイズの起源』がとり上げられました。
  4. 9月1日(日)、信濃毎日新聞に当分野の山本太郎が翻訳した『エイズの起源』がとり上げられました。
  5. 8月11日(日)、日経新聞の書評欄に当分野の山本太郎が翻訳した『エイズの起源』がとり上げられました。
  6. 「感染症疫学-感染性の計測・数学モデル・流行の構造」ヨハン・ギセック著(昭和堂、2006年)が京都大学グローバル生存学大学院連携プログラムの「学際トーク・カフェ」(第2号)に紹介されました。

2012

  1. 解説「権力の病理 誰が施行し誰が苦しむか 医療・人権・貧困」(2012年6月17日)

2011

  1. 書評「感染症と文明」 朝日新聞.(2011年12月25日)
  2. 海堂尊監修「救命 東日本大震災、医師たちの奮闘」に取り上げられました。(p.122)
  3. 書評「感染症と文明」長崎新聞.(2011年9月25日)
  4. 掲載「感染症との共生 探る」読売新聞.(2011年9月3日)
  5. 東京新聞に石弘之さんが「感染症と文明」について書評しました。(2011年8月14日)
  6. 書評「感染症と文明-共生への道」朝日新聞.(2011年7月24日)
  7. 書評「感染症と文明-共生への道」毎日新聞.(2011年7月17日)
  8. 書評「感染症と文明-共生への道」週刊東洋経済.(2011年7月11日)
  9. 掲載 「私たちにできる復興支援」今を読む 中国新聞.(2011年5月8日)
  10. 掲載 「医療支援はどう始まったか」 世界5 2011 May 岩波書店.(2011年4月13日)
  11. 掲載「復興の主体は地域」西日本新聞.(2011年4月8日)
  12. 掲載「復興の主役は地域の人々」読売新聞.(2011年4月8日)
  13. 掲載「長崎大 山下科長ら 現地活動を報告」長崎新聞.(2011年4月7日)
  14. 東日本震災復興支援報告会(2011年4月6日)
  15. 掲載「水や空」長崎新聞.(2011年3月20日)
  16. 掲載「長崎大 被災地に医療拠点」長崎新聞.(2011年3月17日)
  17. 掲載「長崎から被災地へ」読売新聞.(2011年3月17日)
  18. 掲載「派遣の医師『総力戦』」読売新聞.(2011年3月17日)
  19. 掲載「長崎大 放射線医療チーム派遣 熱研の山本教授も現地へ」長崎新聞.(2011年3月14日)
  20. 掲載「【大槌】長崎大学病院が診療所 避難所で29日まで」岩手日報.(2011年3月27日)
  21. 掲載 「ハイチでコレラ治療 地震復興遅れ感染拡大」読売新聞.(2011年1月12日)

2010

  1.掲載 「ハイチのコレラ拡大 AMDA本格治療へ 医師団の派遣など検討」中国新聞.
      (2010年12月23日)

  2.掲載 「コレラ感染広がるハイチへ」中国新聞.(2010年12月8日)

  3.アフリカと感染症・風土病. Ohm Bulletin 第46巻秋号: 10.(2010年10月10日)

  4.掲載 随筆 「ハイチ復興への願い」長崎医学同窓会「朋百」vol121.

  5.掲載 「初めてのザ・なが」ザ・ながさき №671.(2010年09月17日-10月1日)

  6.掲載 「生き方自体尊敬」ハイチはよみがえる 地震復興・自立に希望 中国新聞.(2010年09月06日)

  7.掲載 ハイチ被災地結核感染拡大についてコメントしました。 朝日新聞.(2010年5月15日)

  8.掲載 「ハイチ地震支援の現場から」IDJ REPORT 国際開発ジャーナル.(2010年5月)

  9.掲載 朝日新聞社 ハイチの記事についてコメントしました。(2010年4月20日)
      朝日新聞.(2010年4月21日)

10.掲載 「情熱と冷静さ持ち、やるべきことやるだけ」この人この一言.読売新聞 夕刊(2010年3月15日)

11.掲載 「ハイチ国際医療援助の現場から」 世界4 2010 April 岩波書店.(2010年3月11日)

12.掲載 「継続した支援を」長崎大でハイチ地震シンポジウム 西日本新聞.(2010年2月28日)

13.掲載 「ハイチ大地震 日本の貢献 中長期的な感染症対策を」 生活時評 中国新聞.
      (2010年2月21日)

14.掲載 国際面「結核の感染拡大懸念 ハイチ、地震で投薬中断」福井新聞朝刊.(2010年02月05日)

15.掲載 国際面「結核の耐性菌まん延を懸念 ハイチ、地震で投薬中断」東奥日報朝刊.
      (2010年02月05日)

16.掲載 「SDF medics to be sent to Haiti」The Japan Times.(2010年1月20日)

17.掲載 インタビュー急接近「感染症薬供給 再構築急げ」毎日新聞.(2010年2月5日)

18.産経新聞「論説委員【私の1冊】宮田一雄」で「ハイチ いのちとの闘い」が取り上げられました。
      (2010年1月22日)

19.掲載「ハイチ大地震報告 生存信じ救出活動続く」長崎新聞.(2010年1月31日)

20.掲載「ハイチ大地震 雪崩のように落ち全壊」毎日新聞.(2010年1月19日)

21.掲載「大地震ハイチ どんな国?」東京新聞.(2010年1月16日)

2009

  1.掲載(重訳)『感染症疫学』朝日新聞.(2009年10月24日)

  2.掲載 『国際協力の体制整備が急務』 秋田さきがけ(2009年6月5日),高知新聞(2009年6月
      17日),山梨日日新聞(2009年6月5日).

  3.主催 『感染症の分子進化研究会 第1回』 国際保健学分野.(2009年6月5-6日)

  4. 掲載 『国際的な共同戦線を』 長崎新聞.(2009年5月31日)

  5.掲載 『日本人45万人が死亡した「スペインかぜ」生死の分かれ目』 週刊新潮(5月28日号).

  6.掲載 『水や空』 長崎新聞.(2009年5月19日)

  7.掲載『正しい知識で新事態に備え』よくわかる新型インフル 読売新聞.(2009年5月10日)

  8. 掲載『新型インフルなぜ誕生』西日本新聞.(2009年5月4日)

  9.掲載『「正当な危機感」を抱こう』今を読む 中国新聞.(2009年5月3日)

10.掲載『恐れすぎず、甘く見ず』毎日新聞.(2009年4月30日)

11.掲載『よみうり寸評』読売新聞 夕刊.(2009年4月28日)

12. 掲載『人類滅亡の悪夢を科学する』 Mutants are All Around us! 突然変異
      Buck up No.28 2009.

13.掲載『ハイチで出会った医師の言葉 ― 目標に向かって努力すれば、夢は実現する』.月刊 新医療
      2009 April.

14. 掲載『自然の「ゆとり」に学べ』今を読む 中国新聞.(2009年3月15日)

15.掲載『国際医療協力はもっと身近なところに』. JAMIC JOURNAL 2009.2 .

2008

  1.掲載『正しい知識こそ防波堤 インフルエンザとの闘い』今を読む 中国新聞.(2008年12月28日)

  2.掲載 『人類史から見た、感染症とパンデミックの起源』 本の時間 世の中の読み方
      プレジデント2008.12.29.

  3.採用『山本太郎著 「新型インフルエンザ 世界がふるえる日」(岩波書店)』
      大学入試シリーズ 佐賀大学2009.(2008年11月)

  4.掲載『環境再び国際課題に ローマクラブから40年』今を読む 中国新聞.(2008年11月9日)

  5.出演『新型インフルエンザとの付き合い方』マル激トーク・オン・ディマンド第390回. (2008年9月)
      詳しい内容は、<http://www.videonews.com/on-demand/381390/001394.php#>
      で紹介しています。(注:アドレスをクリックすると本研究所のホームページを離れます)

  6.掲載『現在・過去・未来の混在』今を読む 中国新聞.(2008年9月14日)

  7.連載『熱帯の鼓動 カリブの風』産経新聞夕刊全42話

  8.連載『世界百一話』世界週報.2000-2007年


うず潮

2013

  1.掲載『最後に、ありがとう』うず潮 長崎新聞.(2013年3月28日)

  2.掲載『大きな自然の中で』うず潮 長崎新聞.(2013年2月27日)

  3.掲載『老女の一生』うず潮 長崎新聞.(2013年1月27日)

2012

  1.掲載『三十年』うず潮 長崎新聞.(2012年12月27日)

  2.掲載『秋の一日』うず潮 長崎新聞.(2012年11月30日)

  3.掲載『「夜と霧」へ』うず潮 長崎新聞.(2012年10月27日)

  4.掲載「酒を愛した男の死」うず潮 長崎新聞.(2012年9月30日)

  5.掲載「夏の終わりに」うず潮 長崎新聞.(2012年8月30日)

  6.掲載「満点の星」うず潮 長崎新聞.(2012年7月29日)

  7.掲載「宇宙状況認識」うず潮 長崎新聞.(2012年6月22日)

  8.掲載「山行2(もしか或る日)」うず潮 長崎新聞.(2012年5月27日)

  9.掲載「山行(1)」うず潮 長崎新聞.(2012年4月20日)

10.掲載「ポプラよ、そよ風の師よ」うず潮 長崎新聞.(2012年3月14日)

11.掲載「音楽・宇宙・数学(2)」うず潮 長崎新聞.(2012年2月28日)

12.掲載「音楽・宇宙・数学」うず潮 長崎新聞.(2012年1月31日)

2011

  1.掲載「2011」うず潮 長崎新聞.(2011年12月31日)

  2.掲載「幸せの理由」うず潮 長崎新聞.(2011年12月17日)

  3.掲載「海を越えた『青と碧』」うず潮 長崎新聞.(2011年11月17日)

  4.掲載「天文学者」うず潮 長崎新聞.(2011年9月22日)

  5.掲載「海の盆・山の盆」うず潮 長崎新聞.(2011年8月23日)

  6.掲載「聖福寺惜字亭」うず潮 長崎新聞.(2011年7月26日)

  7.掲載 「ザンビア」うず潮 長崎新聞.(2011年6月24日)

  8.掲載 「同じ地球の中で」うず潮 長崎新聞.(2011年5月15日)

  9.掲載 「野口英世と井戸泰」うず潮 長崎新聞.(2011年4月13日)

10.掲載 「ニュージーランドから」うず潮 長崎新聞.(2011年3月3日)

11.掲載 「ツタンカーメンの謎」うず潮 長崎新聞.(2011年1月26日)

2010

  1.掲載 「創造的休暇」うず潮 長崎新聞.(2010年12月12日)

  2.掲載 「先史住民の健康(1)」うず潮 長崎新聞.(2010年12月4日)

  3.掲載 「若き友が逝った」うず潮 長崎新聞.(2010年10月28日)

  4.掲載 「夏休みの休日の午後」うず潮 長崎新聞.(2010年09月11日)

  5.掲載 「文明の発達と自然破壊」うず潮 長崎新聞.(2010年08月24日)

  6.掲載 「憂いの篩」うず潮 長崎新聞.(2010年07月10日)

  7.掲載 「キューバ紀行(1)」うず潮 長崎新聞.(2010年06月14日)

  8.掲載 「ニューヨーク紀行(1)」うず潮 長崎新聞.(2010年05月16日)

  9.掲載 「ボストン紀行(1)」うず潮 長崎新聞.(2010年4月18日)

10.掲載 『友情は永遠に―昆明への旅(2)』うず潮 長崎新聞.(2010年03月09日)

11.掲載 『eiπ+1=0』うず潮 長崎新聞.(2010年02月06日)

12.掲載 『盲目の時計職人』うず潮 長崎新聞.(2010年01月03日)

2009

  1.掲載 『大地という揺りかご』うず潮 長崎新聞.(2009年12月10日)

  2.掲載 『忘れること勿れの石』うず潮 長崎新聞.(2009年11月4日)

  3.掲載 『昆明への旅』うず潮 長崎新聞.(2009年10月1日)

  4.掲載 『セミの墓標』うず潮 長崎新聞.(2009年8月30日)

  5.掲載 『ハイチからの手紙』うず潮 長崎新聞.(2009年7月30日)

  6.掲載 『地球と生命の共進化』うず潮 長崎新聞.(2009年6月25日)

  7.掲載 『我々はどこから来たのか』うず潮 長崎新聞.(2009年5月23日)

  8.掲載『私にはわからない』うず潮 長崎新聞.(2009年4月21日)

  9.掲載『旅』うず潮 長崎新聞.(2009年3月5日)

10.掲載『寓話から学ぶ』うず潮 長崎新聞.(2009年2月7日)

11.掲載『変化の前提は解放?』うず潮 長崎新聞.(2009年1月9日)

2008

  1.掲載『奄美と島原の子守唄』うず潮 長崎新聞.(2008年12月11日)

  2.掲載 『林檎の木を植える』うず潮 長崎新聞.(2008年11月11日)



総説2

2006

  1.掲載「適切な危機感を共有するために」世界週報(2006年10月)

2005

  1.掲載「パンデミック・インフルエンザ(1)(2)」世界週報(2005年11月・12月)

2004

  1.掲載「医療生態学事始-HIVとHTLV, 二つのウイルスから学ぶこと」エコソフィア 14(2004年10月)

2003

  1.掲載「姿を消したロタウイルスのワクチン」世界週報(2003年4月)

  2.掲載「天然痘ワクチン接種再開のジレンマ」世界週報(2003年1月)

2002

  1.掲載「バイオテロリズムと疾病監視システム」世界週報(2002年6月)

  2.掲載「近づく人口減少社会、求められる文明システムの転換」世界週報(2002年4月)

  3.掲載「人類の歴史は疾病増加の歴史でもあった(前編・後編)」世界週報(2002年1月・1月)

2001

  1.掲載「新たなパラダイムの構築でウイルスとの共生を」世界週報(2001年7月)

  2.掲載「エイズで存亡の危機に立つアフリカ」世界週報(2001年7月)

  3.掲載「開発援助は誰のためか」世界週報(2001年6月)

  4.掲載「正しい理解が普及していないエボラ」世界週報(2001年5月)

  5.掲載「日本のエイズ流行と感染リスクの現状と動向」JMS 66(2001年4月)

  6.掲載「感染症はなぜ人間の安全保障の問題か」世界週報(2001年3月)

2000

  1.掲載「アフリカにおける人類の歴史と生命誕生の浪漫」世界週報(2000年6月)

  2.掲載「アフリカのエイズ流行が意味するもの」世界週報(2000年1月)


依頼原稿

2012

  1.掲載「パンデミック対応」JMATに関する災害医療研修会 日本医師会(2012年7月)

2007

  1.掲載「新型インフルエンザへの対応 国際協力の視点から」セフィーロ 第5巻.(2007年1月)

2000

  1.掲載「性感染症対策」診断と治療 第88巻8号.(2000年5月)

1998

  1.掲載「HIV感染予防のために-海外渡航者のための基礎知識」海外勤務と健康 第7巻.(1998年8月)

その他

2017

  1.マーティン・J・ブレイザー先生との会食(2017年2月10日)講演会の後の食事会の様子サイン


  

→ メンバーのページへ戻る


Copyright : 2008 Department of International Health, Institute of tropical medicine, Nagasaki university.

E-MAIL : y-taro@nagasaki-u.ac.jp